田渕光成-FREESPEECH

Home > エッセイ > 『夏の祭典』エッセイ⑧

2016.08.28 Sun 『夏の祭典』エッセイ⑧

4年に一度の祭典オリンピックも無事終わりました。
始まる前はブラジルという国の治安や財政や政治的な事で色々とマイナス報道がされてましたが、始まってしまえばメダルを取るかどうか、競技によっては何色を取るかとどうかと、ブラジル国内の事は全く報道されずでした。何もわからない僕らは選手を応援し、ベストを尽くしてくれる事を願うしかありません。

結果は開会式も閉会式も素晴らしいものになり、リオオリンピックは成功だったと思います。

で、心配なのは次の東京オリンピックです。
始まる前から競技場やエンブレムや都知事やらと、なかなかのつまずき具合というか、だらしないというか、不甲斐ない感じがだいぶ出てます。日本にとってオリンピックはなんかええかっこしてる感じがして、素直に応援できてませんが、選手や競技は別。
4年後に向けて戦いは始まってます。4年後に最高のパフォーマンスが出せるように今からストイックに体を鍛え。技を磨き、心を整えるのです。心技体一体になった姿はまた僕らを感動させ、また日々の生きる力になる事でしょう。

そして僕は自分の4年後を想像し、小さめの目標を立て、そこに向かってそこそこの努力をし、のろのろと進み、1年後には目標も忘れて、だらだらと毎日を過ごすだけでしょうね。
俺よ、もうちょい頑張ろか。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback