田渕光成-FREESPEECH

Home > 2016年02月

2016.02.28 Sun

携帯みつかりませんでしたがつながります。お騒がせしました。

やっぱ携帯なくすと色々めんどくさいですね。結果色々と大丈夫なんですが、なくさないに越したことはないので、皆さんくれぐれもご注意くださいね。

そして今日は星野源のLIVEへ行ってきます。携帯なくす不運もありましたが、チケット譲ってもらえるという幸運に感謝しながら楽しんできます。
では良い週末を。
スポンサーサイト

2016.02.22 Mon 紛失

昨日携帯電話を紛失してしまいました。
連絡が取れないの御用の方はこちらにメール下さい。
ご迷惑かける方すいませんが、よろしくです。
tabuchi32nari@gmail.com

2016.02.13 Sat 『高田渡という男』エッセイ②

高田渡は2005年に心不全(享年56歳)でこの世を去ったフォーク会の伝説です。

今年の初めに「バーボン・ストリート・ブルース」という高田渡さんのエッセイを読んで、だいぶ昔に買ったCD「ごあいさつ」を聞き、今僕の中でブレイクしています。

酒仙歌手と呼ばれる程酒好きで、LIVE前はもちろん、LIVE中もしっかり飲むという。そしてLIVEでは酔っ払って歌いながら寝てしまったりする事もあったようで、それでもなぜかお客さんが喜んでしまうという愛され具合。お酒も込みで高田渡という歌い手が完成なのだなと、上手い下手の世界から抜け出せば後は人柄や生き方がそのままステージに反映されるんだなと、歌い手として自分のバックボーンは大丈夫なのかと心配になってきます。

そして最近購入した「個人的理由」という詩集は、若き日の高田渡さんが好きな女性に口には出せない想いを詩に書きためた1冊を自主出版で刷って手渡すという甘酸っぱいエピソード付きの復刻版であります。何というか、やりますね。

高田渡さんのどこにハマってるのか自分でもまだ言葉に出来ないとこも多いですが、あの風貌、歌、ギター、生き方など見習うほどの素晴らしさは無いにしても、魅力的である事は間違いなく、説明などは抜きにしてかっこ良いのです。

2016.02.07 Sun 人柄

昨夜はパルチザンありがとうございました。
山田智史くんの歌、ステージはいつも山田くんで、山田くんじゃないと成立しない楽しませ方をしてくれます。人柄が出るとはこういう事ですよね。
そんなLIVEを自分が出来てるかどうかはわかりませんが、僕も人柄が少し漏れるくらいのLIVEをしていきます。出過ぎるとエグみが出るので漏れる程度で十分なのです。

何はともあれ昨夜は演者側も楽しませてもらいました。みなさんありがとうございました。

2016.02.01 Mon 日曜日

読みたい本、聞きたいCD、見たいDVD色々ありますが、結局どれも手付かずで終わるという日曜日もまあいいでしょう。

1/31が誕生日の僕は昨日、何もしないという贅沢を満喫しました。良いもんです。

またいつもの時間に起きて働くという当たり前の日常が続きますが、風邪などひくこと無く過ごせたらなあと思ってます。
みなさんも健康第一で日々を過ごして下さい。
ではまた

2/6(土)心斎橋パルチザン
山田智史/田渕光成
open19:30 start20:00
¥1500(1drink込)
http://folk-partisan.jimdo.com/

3/21(月祝)谷町9丁目OneDrop
詳細未定
open19:30 start20:00
¥2000(1drink込)
http://wave.ap.teacup.com/cafe_onedrop/